アンモの映画日和

たくさん映画を見て人生を楽しもう

映画《アンダーワールド覚醒》ネタバレ感想:三つ巴の壮絶なバトルが始まる

f:id:anmo-enjoy-life:20210530104543j:plain

 シリーズ第4弾。ダークブルーを基調とした映像とゴシック描写が健在。セリーンが怜悧な表情で人類やライカンに銃弾を叩き込む。今回は最強だったヴァンパイア族が押され気味の状況。その隙にライカン族が盛り返そうとしているところへ人類が両者を魔女狩りのごとく根絶しようとする三つ巴の戦い。

 

作品情報

原題:Underworld :Awakening

公開年:2012年

製作国:アメリカ

上映時間:88分

監督:モンス・モーリンド

評価:78

《アンダーワルド覚醒》のあらすじ

ヴァンパイア、ライカンそして人類の三つ巴の戦いが始まる。

遂にというかようやく、人類は自分たちの日常の中に伝説の存在と思われていたヴァンアイアと狼男の存在に気付く。
しかも、両種族ともウイルスによって感染するのだ(咬みつかれることによって感染)。

ヴァンパイアとライカンの能力を奪おうとする人類が加わってり入り乱れる争いにセ、リーンがその行方を左右する存在となる。

 

《アンダーワルド覚醒》ネタバレ感想

人類による粛清

遂にバレてしまった。いままで人類にその存在を隠し通して来た吸血鬼族と狼男族。
何世紀にもわたって闘争してきた両種族の存在を知ってしまった人類は、恐怖に駆られて世界規模の大粛清を行っただろう。

中世の魔女狩りのように、ヴァンパイアに対しては日中、家の中から引きずり出し焼死させる。ライカン(狼男)に対しては銀弾を撃ち込む。
情け容赦のない軍や警察をあげての一方的な殺戮が行われた。

これも、ヴァンパイアとライカンの始祖コルヴィナスがいなくなったからだろう。
巨万の財力を使って、コルヴィナスは今までヴァンパイアとライカンの闘争の痕跡を人類の目から隠し通してきた。
しかし、コルヴィナスが亡くなった今、両種族の存在が白眉のもとにさらされてしまった。

セリーンとマイケルの娘

遂に誕生した。セリーンとマイケルの子。


セリーンは長老ビクターに咬まれてヴァンパイアとなった。しかも、始祖コルヴィナスの血も直接もらっており、普通のヴァンパイアとは違う特別な存在となっている。

かたやマイケル。彼はライカンの始祖ルシアンに咬まれライカンとなり、そのあとセリーンの血をもらってヴァンパイアにもなった始めての混血種。

この両者から生まれた娘だからどんな能力を秘めているのか全くの未知数だ。
今作でもその能力の全貌は明らかにされなかった。残念。
目は父親と同じで、姿は母親と同じヴァンパイアに変わる。
しかし、窮地に陥るとまた別の姿に変わるような気がするのだが。

地下に隠れ潜んでいた両種族

ヴァンパイアは人類の目を逃れて地下にひっそりと隠れていた。
以前のきらびやかな貴族風の思かけはどこにもない。
軍や警察の追及を逃れる為とは言え、地下に潜伏するレジスタンスのようだ。

かたやライカン。こちらも、地下に隠れ潜んで時々地上に現れては警察の銀弾を食らってやられいるだけかと思ったらそうじゃなかった。
バイオ企業のアンディジェン社を乗っ取ったのか、初めから作ったのかは分からないがその企業で新種のライカンを作り出そうと画策していた。
しかも、セリーンの娘の血を使って第一号は完成していた。

以前はヴァンパイアが圧倒的に優位かと思われていたが、ルシアンの陰謀に気付かづ多くの犠牲を出した。

今回もライカンの陰謀により新種のライカンが多数誕生していたら、世界は彼らのものになっていただろう。

陰謀はヴァンパイアの方が得意な気がするが、意外とライカンの方が次々と新しい策を練ってくる。

何故か協力してくれる刑事

地下に潜んでいたライカンが殺人事件を起こしているとのことで捜査に乗り出した警察。
しかし一人だけ違う考えを持った刑事がいた。

以前その刑事の妻がヴァンパイアに咬まれたしまった。2年間周囲に隠し通してきたが、粛清のとき見つかってしまい白昼のもとに引きずり出され焼き殺されてしまった。
セリーンに協力的なのは奥さんがヴァンパイアになってしまったからだろうが、ヴァンパイアが存在しなければ奥さんは死ぬことはなかったとは思わなかったのだろうか。

ヴァンパイアが存在しなければ妻は死なずに済んだのだから、ヴァンパイアであるセリーンを憎むことに何故ならなかったのだろう。

アンダーワルド覚醒のまとめ

結局マイケルは登場しなかった。最後に冷凍状態で出てきただけだ。そして、奥さんと子供を置いてどこかへ逃亡してしまった。
しかし、マイケルもセリーンと同じように目覚めた直後は12年間の記憶がなく混乱して、子供の存在自体も知らない状況だろうから仕方ないか。

セリーンが娘の見ているものが見えたように、マイケルも娘の目を通してセリーンの姿を見ているのだろう。

しかし、作品自体の時間が短くて物足りない。