アンモの映画日和

たくさん映画を見て人生を楽しもう

映画《きっと、星のせいじゃない》ネタバレ感想:病に侵された若いカップル

f:id:anmo-enjoy-life:20210410172904j:plain

共に死の病に侵された若いカップルが出会い、そして共に生きる意味を見出していく作品。難病を患う二人だが悲壮感は微塵もない。むしろいつも明るく爽やかだ。いつまで続くか分からない未来にむかって共に歩むふたりだが・・・

ぜひ特に若い人に見てもらいた。

作品情報

原題:The Fault in Our Stars

公開年:2014年

製作国:アメリカ

上映時間:126分(通常版)133分(特別版)

監督:ジョシュ・ブーン

出演:シャイリーン・ウッドリー

   アンセル・エルゴート

評価:73

 

ヘイゼル・グレース・ランカスター:シャイリーン・ウッドリー

オーガスタス・ウォルターズ:アンセル・エルゴート

アイザック:ナット・ウルフ

ピーター・ヴァン・ホーテン

あらすじ

ヘイゼルは若くして甲状腺がんを患い肺にも転移していた。毎日ふさぎ込んでいるヘイゼルに母親はがん患者の支援団体へ行って友達を作ることを進める。
団体の集まりでヘイゼルは骨肉腫で片足を失ったオーガスタスと出会う。ヘイゼルは帰りにオーガスタスを自宅に招き帰り際にお互いのおすすめの本を読む約束をする。
ヘイゼルの薦めた本の主人公アンナはヘイゼルと似た境遇だがラストが語られず終わっている。これに納得いかないオーガスタスは作者であるヴァン・ホーテンのアシスタントとメールのやり取りを始める。
ヘイゼルもメールを送っていたが一向に返信が来ない中で、いとも簡単にメールのやり取りを始めたオーガスタスに対して言葉で言い表せない感情が沸き起こる。

ネタバレ感想

タイトル

原題は「星のせい」と読めるのだが邦題と意味が逆になっている。

しかし、映画を見た後だと邦題の方があっているような気がする。

共にガンを患っている若いカップルが、「自分の力ではどうすることもできない。それでも誰かのせいにしたりせず、前向きに自らの人生を切り開いていこうとする」そんな意味を感じられる。

 

明るい二人

とにかく愛し合っているカップルは未来にどんな運命が待ち受けていようと幸せが溢れている。とにかく二人とも終始笑顔が絶えないところがいい。悲壮感がなく、いつもふたりの空気を盛り上げようとするオーガスタスは素晴らしい。

アムステルダムへの旅行は若い新婚カップルのようで、水運を走る船上での二人は本当に幸せそうだ。

優しく聡明なヘイゼル

ヘイゼルは頭はいいが少し皮肉っぽいところがある。

しかし心根はやさしい。自分がいなくなった後悲しみに暮れながら生きていく両親の心を少しでも軽くしたいと願っている。

しかし親から見ればは少しでも子供との楽しい思い出の時間を多く残したいと思うものだ。

オーガスタスの攻めのアタック

オーガスタスはヘイゼルに初対面の時から強気の猛アタックだ。相手の眼をを見つめ続ける。決してこっちから目をそらさない。不審がられても、いぶかしがられてもそれでも相手の眼を見続ける。

日本人でこれだけ見られたら、絶対不審者扱いだろう。それとも、オーガスタスほどの美貌であれば全然許せるのだろうか。

オーガスタスはヘイゼルといつも驚かせる。サプライズが好きな青年だ。
一番の愛読書からの返事を結局もらえなかったヘイゼルだったが、その彼女の願いをいとも簡単にかなえてしまった。ヴァン・ホーテンからメールで返事をもらい、しかも彼から招待まで受ける手はずまで整えてしまうとは、なんというやり手の好青年。

 

 ところで、アンセル・エルゴートが顔に似合わず予想外の筋肉質だったのは意外だった。

2017年の『ベイビー・ドライバー』。軽快な音楽に合わせた超絶ドライブテクニックの通称ベイビーもよかった。
そういえば共演したヒロインのリリー・ジェームズもすごい筋肉美の持ち主だ。

ヴァン・ホーテン

チョコレートみたいな名前のこの酔っ払いの親父がひどすぎる。せっかく遠方から訪ねてきたヘイゼル達をさも迷惑な客が来たみたいに飲んだくれながらの応対。なんて失礼なやつだ。

小説の結末を知りたいがためにやって来た二人を嘲笑する態度に腹が立つ。

自分と小説の主人公を重ね合わせていたヘイゼルには相当のショックだったろうが、あの酔っ払いはもうほっといて、彼とアムステルダムでいい思い出を作れたからよかったと思うしかない。

 

まとめ

やはり、オーガスタスが先に行ってしまった。急激に転移してしかも彼女が楽しみにしていたアムステルダム行の為に、精一杯我慢して、それでもついに心が折れてしまった。悔しいだろう、自分だけが何故と思うだろう。しかし、ヘイゼルに出会えたことで、それだけで彼の人生には意味があったと思いたい。

ヘイゼルもおなじだ。オーガスタスに出会えて愛し合えたことに意味があったのだと。