アンモの映画日和

たくさん映画を見て人生を楽しもう

映画《エターナル・サンシャイン》失恋した時の辛さは計り知れない

f:id:anmo-enjoy-life:20210327151504j:plain

 彼女に振られた時に見る作品
失恋した時はそのあまりの辛さに誰しもこの記憶を頭の中から消し去ってしまいたいと思うものだ。ただただ時間が過ぎて二人の思い出が薄れていくのを待つのは、あまりにも記憶が鮮明で時間がたつのも長すぎる。

 

作品情報

原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind

公開年:2004年

製作国:アメリカ

上映時間:107分

監督:ミシェル・ゴンドリー

出演:ジム・キャリー

   ケイト・ウィンスレット

あらすじ

クレメンタイン(クレム)は破天荒で感情のままに行動するタイプ。そして無邪気でかわいらしい。ジョエルは特にハンサムでもなく優しい顔立ちの平凡なタイプ。 
愛情とやさしさを求めていたクレムはジョエルに出会い一目ぼれ。付き合い始め、いく日か過ぎたある時、ジョエルは言ってはいけない事を言ってしまう。
過去のジョエルとの思い出を科学的に完全に消し去ってしまったクレムは、ジョエルと出会っても全く他人のそぶりをする。変わってしまったクレムの態度にジョエルは自分も彼女との思い出を消去して彼女のことを忘れ去ってしまいたいと決行するが・・・

ネタバレ感想

 冒頭の出会いのシーンんは二人ともお互いの記憶を消した去った後だったのか。
お互い初対面だが実際は初対面ではない。初対面なのに妙になれなれしいクレメンタイン(クレム)だが、これはもともとの性格のせいかそれとも深い記憶の中に除去し切れなかったジョエルに対す想いが残っていたからなのか。

 それにしても二人の思い出がなんと多いことか。必死で記憶をたどろうとするジョエル、しかしそのあがきもむなしく二人の思い出が次々と消えていく。なんて辛いことか。

 しかし、記憶消去の方法があまりにもコメディ風でそんなんで大丈夫かと思いくなる。あのやり方では、消さなくてもいい記憶も消してそうだし消さなければいけない記憶が残ってしまいそうだ。出会いの場面も別れの場面もなくいきなりジョエルと海に行った記憶だけが鮮明によみがえるとか。しかも自動消去モードにして二人の作業員は被験者の横ではじけている始末。なんなんだこいつらは。
 この作品はSFじゃないから記憶の消去方法など、どうでもいいのだろうけどあまりにも雑過ぎる。

クレメンタイン(クレム):ケイト・ウィンスレット

 タイタニックのヒロイン。作品を見終わるまで知らなかった。道理で見たことがあると思っていた。今回はタイタニックとは真逆の破天荒な女性の役柄。こんな感じもいい。
 情緒不安定で突発的にとんでもないことをしでかす。そしてジョエルはそんな彼女にいつも振り回されっぱなしだ。
 感情の起伏が激しく浮かれていたかと思うと突然怒り出す。しかしその天真爛漫なところがものすごくかわいく見えてくる。

 しかし最後にジョエルが一番言ってはいけないことを言ってしまい、彼女の心は傷ついた。ジョエルよ、いくら心の中で思ったとしても決して言ってはいけないことだろう。それを言ったら世界中の女性を敵にまわすぞ。

 クレムがジョエルとの大切な思い出を消したいと思っても無理はない。

ジョエル・バリッシュ:ジム・キャリー

 お世辞にも男らしい男ではない。子供のころからいじめられたり仲間外れにされたりそして女の子にかばってもらったりと、気の弱い引っ込み思案な性格のようだ。
 しかし心の奥にある心根の優しい思いやり深いところにクレムは惹かれたのだろ。

まとめ

彼との記憶を消されているはずなのに、ジョエルに出会ったクレムはすぐに好きになったようだ。

完全に記憶を消し去ってしまったとしても、お互い偶然出会ってしまったら、その時から新しい恋が始まる。それが冒頭の二人の出会いのシーンだ。

どんなことがあっても二人を引き離すことは不可能なのだろう。

クレムの気を惹こうとする行動が一番かわいい。

予告

来週は『グリーンブック』だよ

f:id:anmo-enjoy-life:20210403174948j:plain