アンモの映画日和

たくさん映画を見て人生を楽しもう

映画《最強のふたり》あらすじネタバレ感想:自分にない物を見つけたとき

 

f:id:anmo-enjoy-life:20200926161342j:plain

事故の後遺症で首から下を自力で動かすことができないフィリップ。
新しい介助の人を雇うことにするのだが、その面接会場にどう見ても場違いな黒人青年のドリスがやってくる。
始めはぶつかり合う二人だが・・・

作品情報

原題:Intouchables

製作国:フランス

製作年:2011年

上映時間:112分

評価:78

 

実話をもとにした作品。

あらすじ

 大富豪のフィリプは、パラグライダー事故の後遺症で首から下を自分の力で動かすことができない車椅子の生活を強いられている。
 今まで身の回りの世話や介助をしてもらっていた人が辞めた為、新しい人を雇うことにしたのだが、その面接会場にどう見ても一人、場違いな人物が順番待ちしている。

その人物は黒人青年のドリス。

 貧困街で暮らすドリスは失業保険を得るために、就活している体裁を繕う為不採用とだけ書いてくれればいいという。
 他の応募に来た人々とのあまりの異質さに逆に興味を抱いたフィリプは、仮採用といういうことで彼を試しに雇ってみることにする。

 これまで歩んできた経歴や、性格も全く違うフィリップとドリス。

かたや介護される人、かたや介護する人、立場の違う二人が今後どうなっていくのだろうか。

ネタバレ感想

 フィリップは大富豪で豪華な屋敷に住み、経済面では不自由しない生活を送っている。
 一方ドリスは貧困街で育ち、住むところもなく職もない。

 こんなにも性格や、考え方の違う二人が四六時中一緒にいると当然意見の対立や口論も起こる。
 それでも、徐々に対立と相手の考えを受けれることを繰り返しているうちに、次第にお互いの世界観を理解し始めるようになる。

 フィリップにあって、ドリスにない物。また、逆にドリスにあってフィリップにはない物。お互いが自分にない物を相手の中に見つけ始めたとき徐々にお互いを尊重しあうようになる。

 そして、お互いが影響しあいフィリップはユーモアとこれからの人生に希望を、ドリスは知識と知性を学んでいく。

 本当にお互いを信頼できる親友になれるのは、貧富の差や、人種の違いなど関係ない。
 どれだけお互いが相手の事を理解できるかだ。何も相手に対して同情する必要ない。逆に同情は嫌われてしまう。
 相手の今一番悩んでいること、困っていることを知ること。ただそれだけでいい。
 知ってもらうこと、そして理解してくれる人に対して信頼を寄せること。

 これだけうまく噛み合った二人が出会えたことは奇跡だ。

ドリスのユーモアのあるジョークにも慣れてきたフィリップは、それでもドリスの度を越したいたずらには困り果てる場面もおもしろい。

フィリップが自力で体を動かせないことをいいことに、いたずらすることも。

ドリスはこれまでの環境から、不遇に甘んじてきた。悪い仲間ともつるんできたが、理解力もあるし、機転も聞く、真っすぐな性格で曲がったことが嫌い。そして、相手を思いやる気持ちと家族愛が強い。そしていつも、血の繋がりがない兄弟を気にかけている。

 苦労した来た人は、人を見抜く目を持っている。フィリップのことも障害者としての同情や憐みの目ではなく、一人の男をして接している。そして、それが分ってフィリップはドリスに心を開いていったのだろう。

 最後のフィリップの髭をそる場面。ドリスは完全に年上のフィリップをおもちゃにしているが、ドリスも同じように楽しんでいる。思わず吹き出してしまったが、見ていてほほえましい。

フィリップは(これは想像だが)何かの成功で愛富豪になれたのかは分からないが、あれだけの富を築いたのだから事故の前までは、行動的でバリバリ仕事をこなしていたのだろう。

 しかし、事故以来、あと一歩という勇気が持てず自ら気持ちが引きこもった状態になったのだろう。

そこに現れたのが、黒人青年のドリス。

 フィリップの内にこもった気持ちを力づくで強引に引きずり出した

 文通相手の女性に無理やり電話をかけて話させ、実際に会う段階まで行ったのに、また、フィリップに悪い心癖が出てしまい、待ち合わせの場から逃げ出してしまう。

しかし、ドリスが最後に感動の大逆転劇をセッティングしてくれた。

 

 人は、いやなこと、厄介なこと、つらいことからはつい逃げ出したくなってしまう。

そんな時、身近にドリスのような強く背中を押してくれる友人がいてくれればどんなに幸せになれることか。

 この二人が出会えたのは本当に奇跡だ。