アンモの映画日和

たくさん映画を見て人生を楽しもう

映画《アップサイドダウン》ネタバレ感想:アダムはストーカー?

作品情報 原題:Upside Down 公開年:2012年 製作国:フランス カナダ 監督:フアン・ソラナス 主要キャスト:ジム・スタージェス(アダム) キルスティン・ダントス(エデン) 《アップサイドダウン》あらすじ 太陽の周りを双子惑星が回る世界の話。声の届…

映画《プリデスティネーション》ネタバレ感想:輪廻転生

タイムパラドックスSFサスペンス ロバート・A・ハイラインの短編小説『輪廻の蛇』を映画化。 原作を読んでいない方が衝撃は何倍も大きい。 しかも、ストーリーに齟齬が生じないようしっかり作られている。 作品情報 原題:Predestinstion 公開年:2014年 …

映画《リベリオン》ネタバレ感想:ガンカタがカッコいい

第3次世界大戦後、次に世界大戦が起こった場合人類は滅亡すると思い、人間のすべての感情をなくすことによって戦争を抑止しようとする。そして、国民に毎日感情抑止薬を投与させ徹底した国家管理体制を築いた。 違反者にはクラリック(聖職者)を中心とした…

映画《ジェミニマン》ネタバレ感想:二人のウィル・スミスの対決

51歳の引退を決意した伝説のスナイパーと、彼のクローンとの死闘を描いたSFアクション。 ウィル・スミスとヤング・ウィル・スミス(クローン)の対峙。ここまで来たのか。最新のデジタル技術の進歩に驚かされる。 作品情報 ジェミニマンあらすじ ジェミニ…

映画《アンダーワールド:ブラッド・ウォーズ》:冴えわたるセリーンのアクション

シリーズ第5弾。ヴァンパイアとライカンの両種族から追われる処刑人セリーンの新たな活躍を描く。 今回の色調は今までのダークブルーとは別に冷気漂う白が加わる。 セリーンが娘の身の安全のために手放した冷たい心情を表しているかのようだ。 増々さえわた…

映画《アンダーワールド覚醒》ネタバレ感想:三つ巴の壮絶なバトルが始まる

シリーズ第4弾。ダークブルーを基調とした映像とゴシック描写が健在。セリーンが怜悧な表情で人類やライカンに銃弾を叩き込む。今回は最強だったヴァンパイア族が押され気味の状況。その隙にライカン族が盛り返そうとしているところへ人類が両者を魔女狩りの…

映画《アンダーワールドビギンズ》ネタバレ感想:狼男族のなかに女狼男はいるのだろうか

セリーンは出てこないが、ヴァンパイア族とライカン族の果てしない激闘の原因となった出来ことが語られる。そこには一人の狼男ルシアンとヴァンパイア族の長老ビクターの娘ソーニャの禁断の恋から始まった。 登場人物 吸血鬼(ヴァンパイア)族 狼男(ライカ…

映画《アンダーワールド・エボリューション:誰が最強?考察

前作よりも面白くなっている。因果関係がしっかりしているのでストーリーに重厚感が増してきた。最初の不死者であり最初のヴァンアイアとライカンの父アレクサンデル・コルヴィナスが登場する。まだ生きたいたのだ。不死者だから当然だろうが、出てくるとは…

映画《アンダーワールド》ネタバレ感想:青を基調としたダークアクションファンタジー

シリーズ第1作目。女優ケイト・ベッキンセイルの冷徹なアクションが見もの。しかも、重厚な世界観と嘘とだましあいのストーリーそして、ヴァンパイア(吸血鬼)と狼男(ライカン)の死闘から終始目が離せない。 ようこそアンダーワールドの世界へ。

映画《ウルフズ・コール》ネタバレ感想:潜水艦映画は面白はずなんだけれど

潜水艦映画は面白いはずなんだけれど・・・この作品が面白くないとは言わない。それなりに緊張感もあって、でも・・・ 後に「でも」がつく。あの主人公のせいだ。 ソナー員としてはものすごく優秀なのだろ、しかし軍という厳しい規則に縛られる中であんなこ…

映画《マンチェスター・バイ・ザ・シー》ネタバレ感想:心に深い傷を負った男の物語

どれだけの年月が過ぎようと癒されることのない深い悲しみを負った男の物語。2人の娘と生まれたばかりの長男がいる普通の家庭だった。男はいつも陽気で少し子供っぽいところもあった。あることがおきるまでは。そして男は一人故郷を離れ毎日空虚な生活を送る…

映画《しあわせの隠れ場所》ネタバレ感想:人生、何がきっかけで激変するかわからない

実話をもとにした作品。不遇な家庭環境をすごした黒人少年がある時白人女性リー・アンと出会うことにより劇的な人生の転換を迎える。 おとなしい少年マイケルが実はとんでもない能力を秘めていた。そして、その彼の能力を開花させたのは母親になったリー・ア…

映画《1917命をかけた伝令》ネタバレ感想:なぜ下級兵士が命がけの任務を負わされたのか

戦争の悲惨さというのはあまりない。二人の若い兵士が敵陣を突破して時間までに最前線にたどり着けるかという緊張感が見どころ。しかも、名が回しで撮影したので、見ている方も二人の近くにいるような感覚を味わえる。戦争ものにありがちがな複雑な要素もな…

映画《きっと、星のせいじゃない》ネタバレ感想:病に侵された若いカップル

共に死の病に侵された若いカップルが出会い、そして共に生きる意味を見出していく作品。難病を患う二人だが悲壮感は微塵もない。むしろいつも明るく爽やかだ。いつまで続くか分からない未来にむかって共に歩むふたりだが・・・ ぜひ特に若い人に見てもらいた…

映画《グリーンブック》ネタバレ感想:色の違いがなんだ、同じ人間じゃないか

一流の黒人ピアニストと白人用心棒の演奏旅行を描いた事実に基づいた作品。 向かう先は現在よりも黒人に対する差別と偏見が根強いアメリカ南部。 上流階級の黒人と口より先に手が出る白人。この全く性格も立場も相反する二人の、心境の変化が見どころ。 作品…